下肢静脈瘤とは
「下肢静脈瘤」とは、静脈内にある血流を支える弁が壊れ、足の血液が停滞して溜まり、足の静脈血管が浮き出てきて目立つようになった症状のことです。そのまま放っておくと、足のだるさやむくみ、かゆみや湿疹となり、最終的には出血、潰瘍にまで発展します。(静脈瘤の症例写真)




クモの巣・網状静脈
大伏在型静脈瘤
小伏在型静脈瘤
血栓性静脈炎
色素沈着

下肢静脈瘤のメカニズム
足に走る2つの血管
足には、動脈と静脈という血管が走っています。 動脈はきれいな血液を上から下へ運びます。静脈は、動脈とは反対に、不要になった血液を下から上へ運びます。2本足で歩く人間の血液を、どうやって下から上へ送るのかというと、静脈弁という、静脈の内側についている弁が大きな活躍をしているからです。
静脈弁
静脈弁は、筋肉の収縮運動によって下から上へ持ち上げられた血液の逆流を、防ぐ役割をしています。 しかし、運動不足や立ち仕事の為に筋肉の収縮運動が十分でなくなると、足にどんどん血液が溜まっていきます。 血液が溜まってくると、血液の逆流を止める静脈弁に負担がかかり、どんどん血液が逆流して溜まっていきます。 放っておくと、静脈弁は壊れます。 壊れた静脈弁は、再生することはありません。 静脈弁が壊れると、血液の逆流を防げないわけですから、さらに血液が溜まっていきます。溜まった血液で静脈が膨らみ、血管が目立ち、浮き出てきます。 この症状が『下肢静脈瘤』です。だるい、むくむなどの初期症状から始まり、血管がめだってくる、夜中に足がつる、痒くなる、そして、色素沈着、潰瘍という症状にまで発展します。 初めのうち、ほとんどの人は自覚症状を持ちません。だるい、冷え性、むくみといった日常的な症状が、実は足に血液が溜まり、静脈弁に負担がかかっているという警告なのです。つまり、下肢静脈瘤の初期症状だということです。
下肢静脈瘤の主な症状
あなたの静脈瘤チェック
□ 足が重い、だるい
□ とくに夕方になってくると、足に疲れが溜まる
□ つりやすい(特に夜中)
□ 腫れやむくみがある
□ 足にかゆみや湿疹がある
□ 足に黒っぽく(茶色っぽく)色がついている
□ 足に熱感がある
□ 足の皮膚が硬くなる
□ 足首やふくらはぎ、太ももの内側の血管が浮き出て、ボコボコしている
□ ボコボコしていなくても、血管が浮き出て目立つ
□ くもの巣のように細かい血管が浮き出て見える
□ 親族に下肢静脈瘤の人がいる

(1つでも当てはまる項目があったら、下肢静脈瘤を疑いましょう。まずは、自分の足をよく監察しましょう)
正常な静脈の弁
静脈瘤
あしの静脈には血液の逆流を防ぐ「弁」がついています.弁が壊れると血液が逆流して静脈瘤が発生します